ダイエットの方法

座る女子

長期間の努力が必要不可欠なダイエットと異なり、ベイザー波による脂肪吸引では、1日で痩身効果を得ることができます。従来の方法での脂肪吸引だと、入院が必要なことが多かったのですが、ベイザー波による脂肪吸引なら、施術したその日のうちに帰ることができます。出かける前とは見違えるほどの細い体で、帰宅することができるのです。 しかも、その細さが半永久的にキープされることになります。脂肪細胞のひとつひとつが水分や老廃物を取り込んで肥大化することで肥満体になっていくのですが、脂肪吸引をすれば、脂肪細胞が物理的に体からなくなります。そのためリバウンドしてしまうことはないわけです。 ただし、全ての脂肪細胞が除去されるわけではありません。残った脂肪細胞が極端に肥大化すれば、多少太ってしまう可能性はあります。そのため施術後は、脂肪細胞を極端に肥大化させないよう、生活習慣に気をつけることが大事です。

ベイザー波による脂肪吸引後は、アフターケアを受けることで、一層痩身効果が出るようになります。 脂肪吸引をすると、ボディラインに凹凸ができてしまうことがあります。脂肪細胞が抜き取られた部分は細くなりますが、抜き取られていない部分はもとの太さのままです。その段差により、凹凸ができてしまうわけです。 しかしアフターケアを受ければ、それが目立たなくなります。アフターケアは、温熱で周辺の脂肪組織を柔らかくしつつ、マッサージを施すという方法でおこなわれます。これにより、脂肪の層の厚みが均等になりますし、さらに温熱による脂肪燃焼効果で、体は一層スリムになっていきます。 そのためベイザー波による脂肪吸引をおこなっている美容外科の多くが、アフターケアを勧めています。